オープンハンド ドラマー 東京事変 音楽

FNS歌謡祭で特別演奏された東京事変の「落日」の感想などなど

FNS歌謡祭21を見た感想をまとめました。

中でも注目は東京事変の隠れた名曲「落日」の演奏が

地上波初だったところですね!

その他にも色んなアーティストさんのコラボや芸人さんの歌などなど

盛りだくさんでしたね。

特に印象に残ったアーティストをピックアップして考察、感想を

書いてみました。

 

東京事変 注目の2曲 

落日 

ファンクラブのメールでは10時頃というお知らせだっつあのですが

いつかいつかと待っていたら番組の最後の最後まで伸ばされた感があります。笑

 

テレビの映像を見ると 

黄緑と白のセットと衣装で作られた世界観でシンプル目でとても美しい♪

 

ピアノのイントロとともに小さく光る光を表しているのか

蛍の光のような感じもしてどこか切なげです。 

 

椎名林檎さんの頭や亀田さんの手には星の飾りがあるのも印象的。

サビでは背景で流れ星が流れているのも美しく切なさを誘います。

 

男女の切ない出会い、思い出をテーマとした歌詞のように感じますね。

 

間奏での畑さんの洗練されたスネアのゴーストノート

切なくかすかになっている感じや

 

浮雲さんのギターの音色が伸びながら切なく鳴いているような感じが印象的でした。

 

間奏の音がフェイドアウトしていく感じのアレンジ

原曲とは異なりこれもまた良い。

 

最後の盛り上がりのドラミングは激しく切なさを感じます。

最後で証明が真っ白に明るくなるのも綺麗でした。

 

欲を言えば原曲のようにもっとアウトロを伸ばしてくれたら

もっと味わい深くなるのにと事変ファンとして感じました。

個人的にアダルトツアーのジャスキャンのような感じが理想ですね。

 

東京事変の隠れた名曲3選!!どんな曲!?

 

 

獣の理 

最新アルバム音楽から一曲。

亀田誠治さん作曲の曲。

緑あふれる自然溢れるセットで森の中で演奏してる感じでした。

畑さんのキメの時のモーションがナチュラルで流れるようなストロークがかっこよく。

サビ前のドラムのスネア主体のアクセント移動のフィルが見たかったですね。

浮雲さんもノリノリでしたね♪

 

東京事変のアルバム音楽の全曲個人的感想(ドラム目線多し)

 

東京事変の一服に出てくる「OTK」の意外な意味とは!?

 

髭男の新曲 「cry baby」

ダーティーな感じでロックテイスト。攻撃的な印象の曲です。

間奏ではメタル的な曲調になって、ドラムはシャンシャンクラッシュならして

ヘドバンしそうな勢いの曲調です。

そのあとは歌入るとまたもとに戻って落ち着きます。 

サビ前の6連のドラムのフィルがバシッと主張していてかっこいいですね!

 

 

milet 「ordinary days」

今を生きることや愛しさを歌った歌詞が心に響く楽曲。

歌唱力も凄まじくこれから代表するアーティストになること間違い無いなと感じます。

あと、感じたのは「願わくば~」あたりの歌い方が

何となく美空ひばりの声に似ていると感じました。個人的に。

 

今年も紅白出場なるかもしれませんね!

 

芸人の懐かしソング、新曲

藤井隆のナンダカンダはめちゃ懐かしい一曲で

明るくなれて、面白い曲だなと実感。

 

その後も、木梨憲武、ホリケン、ココリコ遠藤、狩野も登場してましたね。

木梨さんは歌が上手いと実感。

ホリケンは破天荒ぶりがやっぱり笑える。笑

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

-オープンハンド, ドラマー, 東京事変, 音楽