バンド 東京事変 音楽

音楽の日で演奏された東京事変「毒味」の感想と考察

音楽の日で演奏された

東京事変の毒見の感想、考察を

つらつらと書きます。

 

テレビの演奏を

見逃した方には必見の

内容です。

 

FNS歌謡祭で特別演奏された東京事変の「落日」の感想などなど

 

ピンクや黄色、黄緑にサングラスで派手な衣装

かなり派手な衣装が印象的でした。

ダンサーのSISも参加していて

現代風なクラブ的なセットで

きらびやかな感じでした。

 

 

刄田綴色さんの方てハンド奏法

ドラムは刄田綴色さんが時折見せた

左手だけで演奏する片手ハンドが珍しく感じました。

 

歌詞に片手突き上げると出てきているからなのか

伊澤さんも時折片手で演奏されてましたね。

 

刃田さんはノリノリで演奏されている

感じも生き生きとされていて

良かったです。

 

刃田さんのドラムに興味がある方は

こちらの記事もおすすめです↓

刃田綴色の神ドラムを7つのポイントから徹底分析!(東京事変のドラマー)

現代に疑問視するような意味深な歌詞

歌詞は今の状況に疑問視するよう

なかなり攻めた感じのメッセージ性のある

歌詞のように感じます。

 

よくこれテレビがOKしたなとさえ感じました。

 

東京事変のアルバム音楽の全曲個人的感想(ドラム目線多し)

 

 

伊澤さんのキーボードソロ

伊澤さんのキーボードソロも

バシッ!と決まっていてカッコ良かったですね。

 

ソロ終わりに吹き出しで

OAできないささめごととでてきたのは

ドーパミンとででてくる歌詞フレーズみたいですね。

 

最後に浮雲さんの余裕あるギターソロ

最後にはギターソロで浮雲さんが登場。

余裕あるさらっとした感じは

いつもの浮雲さんらしいスタイルですね。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!!

 

6/4の東京事変の生配信「アジトなう。」を聴いた感想

 

ベースマガジンから感じた畑さんの意外な点、魅力などなど!!

 

椎名林檎や東京事変のファンクラブ林檎班の7つの魅力!!

 

-バンド, 東京事変, 音楽