ドラマー 音楽

神ドラマーフィルコリンズの3つの凄すぎる特徴とは!?

こんにちは。サイト訪問ありがとうございます。

今回はプログレッシブバンドのジェネシスや

ソロで活躍したフィルコリンズの記事です。

私がフィルコリンズを知ったのは、

バンド仲間からジェネシスを教えてもらった

ことがきっかけです。

 

ボーカルとしてはなんとなく

聞いたことがありました。

 

フィルコリンズのドラムについて

詳しく見ていきましょう。

 

あなたにおすすめの凄すぎるプロドラマー25選まとめ

フィルコリンズの経歴

フィリップ・デヴィッド・チャールズ・"フィル"・コリンズ
(Philip David Charles "Phil" Collins、

1951年1月30日生まれ イギリス出身)

1951年、ロンドンに生まれる。

1970年に、プログレッシブ・ロック・バンドである

ジェネシスに、ドラマーとして加入。

メロディーメイカー誌のドラマーの

募集広告を見て応募。

当時のリーダー的存在だった

ピーター・ガブリエル脱退後は、

ヴォーカリストも務めた。

1996年にジェネシスを脱退。

1981年にファースト・アルバム『夜の囁き』を

リリースしてソロ活動を行う。

1984年には映画『カリブの熱い夜』の主題歌

「見つめて欲しい」をリリース。

「イージー・ラヴァー」や、スプリームスの

「You Can't Hurry Loveのカバーなどをリリースしている。

 

1980年代はソロ/バンドが共に全世界で大ヒット。

ロバート・プラントのアルバムをプロデュース。

 

1970年代にはジャズ・ロック・バンドの

ブランドXにも参加(現在は脱退)

1990年代後半には、20人近いメンバーを率いて

フィル・コリンズ・ビッグバンドとして

ジャズ中心のライブも行う。

 

1998年にはソロ・キャリアの

集大成『ベスト・オブ・フィル・コリンズ』を発売。

 

1999年にはディズニー映画『ターザン』の音楽を担当した。

主題歌「You'll Be in My Heart」はヒットを記録。

アカデミー歌曲賞を受賞し、作品は後に

舞台化もされブロードウェイなどでも上演されている。

2002年にはエリザベス2世女王在位50年を記念するコンサート

「Party at The Palace - Golden Jubilee」に出演。

ここで共演したクイーンやポール・マッカートニー、

エリック・クラプトンらと

「Queen's House Band」なるバンドを即席で結成。

イギリスのファンを前に久々のドラム・パフォーマンスを見せた。

 

2007年、ジェネシスを黄金期の3人で再結成し、

ヨーロッパとアメリカをツアー。

一部の曲でキーを落として歌うなどしたが、

コンサートの定番だったチェスター・トンプソンとの

ドラム・デュエットなどで、卓越したドラムテクニックが

健在であることをアピールした。

 

引退と復帰、そして再び引退へ

2008年4月25日、表舞台からの引退を表明した。

ジェネシスの再結成ツアーを終えたばかりのコリンズは、

今後アルバムのリリースやツアーに出る意思がないことを発表。

 

2009年9月19日、一部報道によると脊髄の手術を受け、

その結果手の動きに支障が出たようでピアノ、ドラム等の演奏が出来なくなった

(術後すぐという事もあり一年から数年かけてある程度の回復はするとのこと)。

なお、ドラムスティックをテープで固定すればドラムの演奏自体は可能であるという。

 

その後、前述の引退宣言を撤回し、アルバム・リリースによってカムバックすることを決意。

2010年9月13日に8年ぶりとなるアルバム「Going Back」を発売。

このモータウンソングなどをカバーしたアルバムにより、

全英チャートで12年振りとなる1位を獲得した。

また、本作に伴うライブも行っている。

 

2011年3月8日、自身のサイトで再び引退することを明らかにした。

2016年8月29日、ニューヨークでの全米オープン_(テニス)の

開催前夜祭に出演し、In the Air Tonight、Easy Lover の2曲を歌唱した。
ドラムは息子のニコラス・コリンズが担当。

 

参考URL Wikipedia

 

フィルコリンズのおススメの動画

Genesis - Live - 1972 With Peter Gabriel - Belgian Tv (Complete Show)

 

Phil Collins tribute - some best drumming parts

76年の演奏が収録されています。

 

ギターやキーボードの音から

浮遊感のあるサウンドで始まります。

 

パーカッションも入っており、

隙あらばフィルを入れている感じです。

 

2曲目ではハイハットやライドの

細かな16系の入れ事もよくしていますね。

 

ツインドラムの演奏があります。

力強さのあるドラミングです。

Phil Collins - Drum Medley

0:00 - Firth of Fifth - Intro - When in Rome 2007
0:16 - Firth of Fifth - First part - The Way We Walk Live Earls Court 1992
1:29 - Fading Lights - Drum part - The Way We Walk Live Earls Court 1992
5:53 - Second Home By The Sea - The Way We Walk Live Earls Court 1992
11:13 - Drum Duet - Live at Wembley Stadium 1986
17:06 - Los Endos - Live at Wembley Stadium 1986

 

2007年の演奏が冒頭から見れます。

ツインドラムの演奏も見れて、テクニカルな感じです。

 

The Way We Walk Live Earls Court 1992の動画がメインです。

 

終始ボーカルなしのプログレッシブな音楽です。

 

ドラムは結構暴れていて、

魅せるところは見せて、

静かなところは静かな緩急激しい感じです。

 

キーボードが主張している曲が多くて、

キーボードメインな感じですね。

 

フィルコリンズのドラムの3つの特徴

利き手が左利きで、

利き足が左足の完全に左利きですね!

 

ディープパープルのドラマー、イアンペイスと同じですね!

 

タイトな音で鋭さのある音

フィルコリンズの特徴かなと思います。

 

タム移動や様々なシンバルを演奏するのが特徴でもあります。

手数が多めのテクニカルなドラマーです。

 

あなたにおすすめの凄すぎるプロドラマー25選まとめ

 

現在の活動

PHIL COLLINS 2018 - Against All Odds (Take a Look At Me Now)

2018年に演奏された映像です。

邦題「見つめて欲しい」、

映画「カリブの熱い夜」主題歌です。

1984年にリリースされた大ヒット曲です。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

その他の記事も読みたい方はこちら(^^♪↓

あなたにおすすめの凄すぎるプロドラマー25選まとめ

-ドラマー, 音楽