ドラマー 音楽

月に行く元ドラマー!前澤社長の3つの特徴的なドラミングとは!?

こんばんは。今回はドラマーの記事です。

 

月に行くことやプライベートなどで

話題の前澤社長ですが

 

実は元バンドマンでドラマーだったそうです!

 

そこで、今回は今話題の前澤社長をドラマー

として分析してみました。

 

詳しく見ていきましょう!

あなたにおすすめの凄すぎるプロドラマー27選まとめ

 

前澤社長のプロフィール

前澤 友作(まえざわ ゆうさく)

1975年11月22日生まれ 千葉県鎌ケ谷市出身

 

ファッション通販サイトZOZOTOWNを

運営するZOZOの創業者

 

バンドではYOU X SUCKとして活動していた。

 

孫正義の黒Tシャツはどこで買える?ZOZOの会見に登場し披露!

前澤社長の音楽活動経歴

1993年 ハードコアバンドSwitch Styleに結成、

ドラムを担当

高校卒業後は半年間アメリカへ音楽遊学

1998年 メジャーデビュー

2001年 バンド活動停止

2008年 渋谷O-WESTのGORILLA BISCUITS

来日公演にて、1日復活ライブを行う

 

Switch Styleの曲

SWITCH STYLE - In Search Of Cover

 

ギターの歪んだ邪悪な感じの音からはじまり、

途中で声がデス声ぎみなところがあり

 

ハードコアな感じですね。歌詞は英語ですね。

 

ドラムに関して思ったのは、曲はハードコアでは、

そこまで荒々しい感じには思わなくて

 

柔らかみのあるドラミングのようにも感じました。

ハイハットはオープンが開き気味な感じもします。

 

フレーズはシンプルですね。

 

ライブ映像(WE JUST TESTIFY ~ IN SEARCH OF COVER)

 

ライブ映像 (ANTIKNOCK, Tokyo 04/21/1996)

 

前澤さんはハイハット右打ちの

クロスハンド、バスも右ですね。

 

バスドラは基本ワンバスと思われます。

 

ドドタン!というポイントで

ツインペダル使っているかもです。

 

11分当たりで手足コンビネーションが炸裂しています。

高速で流れる感じでかっこいいですね。

 

なぜかスリップノットを思い出しました。笑

高速ツービートもすこし演奏しています。

当時は黒髪でニット帽と被っています。

 

やっぱりクラッシュ音はやや大きめですね。

後半に行くほど手数多めの激しめになります!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

前澤さんのドラミングの特徴

・全体的に柔らかめの音

 

・クラッシュ音が大きめ

 

・見せ場のフィルで、手足のコンビネーションなど

手数の多いフィルを演奏

 

あなたにおすすめの凄すぎるプロドラマー27選まとめ

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

ドラム初心者のあなたに必見!秒で買うべき5選!即アマゾンで!

-ドラマー, 音楽