ドラマー 音楽

YOASOBIのサポートドラマー!Tatsuyaてどんなドラマー?徹底解剖!

本サイトはアフィリエイト広告を掲載しております

YOASOBIのサポートドラマー、Tastuyaさんについて書きたいと思います。

YOASOBIの2023年12月の勇者のライブ映像で、カッコ良いドラムだな!!

と思い調べると、Tastuyaさんと知りました。

2023年の紅白にも出演されますね!

Tastuyaさんがどんなドラマーなのかまとめてみました。

 

スポンサーリンク

Tastuyaさんのプロフィール

Amano Tatsuya

生年月日1990年8月23日

TastuyaさんのXはこちら

過去にインタビューも受けられています。くわしくはこちら

音楽に向き合うTastuyaさんの話が聴けます。

 

 

 

Tastuyaさんの経歴

2006年~現在  Crossfaith結成   ドラム担当

2023年 PUFFY (BLUE EARTH MUSIC FEST) のサポートドラム担当

2023年12月1日 YOASOBI ASIA TOURのサポートドラム担当

 

Tastuyaさんのドラムセット

公式のCrossfaithの配信では

海外メーカーのSJC Custom Drumセット

スネアドラムは Ludwigのスネア

シンバル類はMEINL(マイネル)のシンバルを使用していると

記載しています。

 

ただ、YOASOBIのツアーでは映像で見る限り

バスドラはdwを使用しているようです。

 

ツインペダルを使用してツーバスを演奏されていますね。

バスドラの上にはタムは置かず、その周りにタム類を置いています。

セットは水平な感じで、低めのセットの印象です。

 

Crossfaithでドラムを演奏するときは

フロアタムを2つ、スネアを左にも置いたり

立ちドラム用のハイタムなどを色んなドラムを使用されています。

ドラムヘッドはEVANSを使用されていますね。

 

合わせて読みたい記事はこちら

ツーバスの惚れるくらいカッコ良い曲!おすすめ4選!!

 

スポンサーリンク

Tastuyaさんの演奏動画

Crossfaithでのライブ映像

ツーバスの低音がどっしりと響き渡るようなドラミングです。

スネアの音もどっしり感のある説得力ある音です。

 

16分のスネアのフィルインも派手さがあり

2ビートのリズムも疾走感があってカッコ良いですね!

抜群の安定感も素晴らしいです!

他のメンバーは安心して演奏できるようなブレないタイム感が

ありますね!

 

YOASOBIでのライブ映像

 

原曲からさらに手数を加えて

疾走感あるカッコ良いドラムです!!

サビ前の手足コンビネーションフィルや16分のスネアのフィルイン

がめっちゃカッコ良いです!

サポート加入したばかりとは思えない安定感も必見です!さすがです。

ライブバージョンの勇者のドラムも良いですね!

 

後、Mステの時は、途中でオープンハンドで演奏もされていましたね。

テクニック抜群で芯のあるドラミングですね!

 

スティックのパフォーマンスも毎回されていて派手さもあり

しなやかなフォーㇺでダイナミックに演奏されている印象ですね!

 

合わせて読みたい記事はこちら

ドラムのカッコ良い曲!「勇者」 yoasobi

Tastuyaさんのドラムの特徴

ブレない軸のあるドラミング

ライブ映像を見ていると

他の楽器が安心できるほどのブレのないタイム感

根幹にあるように感じます。

 

それがおそらく、サポートや所属バンドで活躍されいる

大きな魅力だと思いますね。

 

ツーバスを中心とした手数の多いドラミング

所属バンドでは、ツーバスを主体に演奏しているように感じます。

16分のツーバスを軸に、ダイナミックに手数の多いドラムを演奏しています。

時には2ビートのリズムを演奏したりと疾走感あるドラミングもしていますね。

 

まとめ

・TastuyaさんはYOASOBIのサポートドラム、Crossfaithのドラマー。

・ブレない安定した軸のあるドラミングが魅力

ツーバスを主体とした手数の多い派手なドラミングが特徴

 

これからYOASOBIやCROSSFAITHで

どんな演奏をされるかません!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

合わせて読みたい記事はこちら

椎名林檎のサポートドラム、石若駿てどんなドラマー?紅白にも出演?

紅白の「ルビーの指輪」のバックドラマーは誰!?徹底解剖!

紅白でMISIA「傷だらけの王者」のサポートドラムは誰?徹底解剖!

-ドラマー, 音楽