音楽

カンブリア宮殿の闘志みなぎる!!テーマソングをあなたは知っていますか?

久しぶりに「カンブリア宮殿」を観ていると

主題歌が変わっていて

カッコイイロック調の曲で調べてみました。

調べて聴くと、やっぱりカッコよくて、

すごくはまってしまいました。

 

テレビでふと聴いた曲が気になって

これ誰の曲となったこがあると思います。

今日はカンブリア宮殿のテーマソング「Crowd Chant」

に最近個人的にはまりましたので紹介したいと思います。

番組エンディングやオープニングで流れてくる

闘志あふれる、みなぎる声にロックなギターと

ドラマチックなキーボードがマッチしててイイですね。

詳しく見ていきます。

 

カンブリア宮殿のテーマソングが収録されたスーパー・コロッサルのアルバムの詳細はこちらから

テーマソング「Crowd Chant」

原曲 「Joe Satriani - Crowd Chant」

アルバム収録曲「Super Colossal」の1

3曲入りの13番目に収録されています。

意味は群衆の叫び、大衆の叫び

みたいな感じですかね。

 

ギターと歓声のコールアンドレスポンス主体

面白い楽曲ですね。

原曲聴くまで、

カンブリア宮殿のオープニングから推測して

原曲はコールアンドレスポンスみたい

なのを挟みつつ

ボーカルがいてロックな感じなんだろうな

と思っていましたが

見事に良い意味で裏切られましたね。

 

コールアンドレスポンスが群衆の熱い叫び

を表しているのかもしれませんね。

最後の最後にカンブリア宮殿で流されるサビのような

フレーズを歓声が言うところが、良いですね!

キーボードとギターの音も絡み合っていますし!

カンブリア宮殿のテーマソングが収録されたスーパー・コロッサルのアルバムの詳細はこちらから

ライブ動画

Joe Satriani - Crowd Chant

探してみたらライブバージョンもありました。

アンコールでされている感じですかね。

原曲とだいたい同じですが、

最後のサビ的なところで

楽器隊全員がよしきた!ドン!と出てきます。

ドラムがアメリカンロックを彷彿させる

ガツガツのロックなドラムです。

サビまでのバスとフットハイハットを

楽々と軽々と踏んでましが

これも継続するのは案外楽じゃないよなー

と思いながら見ていました。

いやこれまたカッコイイ!なぜかガンズを思い出だしました。

しかも抜群の安定感!凄いですね!

くわしくはこちら

 

Joe Satrianiとは?

1956年7月15日生まれ

ニューヨーク州ロングアイランド出身

ジミ・ヘンドリックスの影響を

受けているみたいです。

確かにそういわれると、そうかもしれませんね。

始めはインストバンドを

するつもりじゃなかったみたいですね。

チキンフットのギタリストでもあります。

ちなみにドラムはチャド・スミスですね!

しばらくはリピートしてしまいそうですね。

すかいらーく創業者、横川竟社長の言葉

今週たまたまカンブリア宮殿を久しぶりに見て

放送していたのが横山社長が経営する高倉町珈琲でした。

カンブリア宮殿は結構長く続いている番組ですよね。

横川さんの言葉を聴いていると、

儲けるという考えの前にお客さんに与える、

どうしたら喜んでもらえるかというお客様目線

を徹底的に貫かれていると感じました。

やはり、成功者は先に人々に惜しみなく

与えてそのあとで、富が返ってくる

そんなことをしているのかなと思いました。

自分も今後の人生に参考にしたいですね。

 

カンブリア宮殿のテーマソングの詳細はこちら

 

ソース

Wikipedia1

Wikipedia2

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

-音楽