ドラマー バンド 音楽

ZAZEN BOYSのドラマー松下氏のキメのハイハットに度肝を抜けれたこと

向井秀徳のバンドとして

有名なZAZEN BOYS。

 

久々にユーチューブで見てみると

ドラマーの松下氏のドラムの魅力がよみがえってくる。

 

ZAZENを知ったのはカウントダウンでたまたま見たことがきっかけ。

独特な世界観感と向井氏の独特なコトバ回し

 

そして圧倒的な演奏力に

圧倒的な緊張感がたまらない。

 

あれはしびれる。

どの曲かは覚えてないけど

 

ZAZENはキメが多いのが特徴。

「ジャッ!ジャッ!ジャッ!」と

 

ハイハットを一瞬開けて即クローズする

キメがギターたちの楽器とバシッと合っていて

めちゃくちゃカッコイイ。

 

そんなことを

ライブ盤の本能寺を聴いて

思い出した。

 

 

 

松下氏の壮大なスケールの

ドラムの音

ダイナミックに叩く姿も

舞を待っているようでカッコよく優雅。

 

どこかの動画で

(たしか半透明少女関係だったと思う)

後ろから松下氏のドラムを

撮っている動画あったけど

 

スティックの握り方が

めちゃ柔らかく

いかに脱力しているかがわかった。

 

力強く見るけど

力は抜きまくっている。

 

余談ですが、本能寺の歌詞で

時間軸の崩壊や

俺自身に問いかける

みたいなフレーズは

覚醒や内観を暗に示す感じがしますね。

 

おそらくスピリチュアルや内観、哲学について

向井氏はかなり学ばれているのかなと

今聞いて感じる今日この頃。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

 

-ドラマー, バンド, 音楽