副業

タイムチケットから学んだ副業⑤電子書籍

 

タイムチケットから学んだ副業を紹介します。

今回は電子書籍です。

アマゾンで電子書籍を販売する方法を

学びました。

海外では電子書籍は普及していますが

日本ではまだそこまで

広がっていないですね。

自分で調べてわかったことも

合わせてお伝えします。

 

タイムチケットから学んだ副業②不動産投資

 

電子書籍はアマゾンがトップ

2018年あたりで、電子書籍は

日本に50社ほどあったようです。

 

その中でも、アマゾン、楽天、

アップルが占めています。

特にアマゾンは全体のトップを占めています。

なので、電子書籍を販売するなら、

市場の大きいアマゾンがおすすめです。

 

 

電子書籍はコストがかからない

電子書籍は紙の本に比べて、

コストがほとんどかかりません。

 

一方、紙の本で出版するとなると、

出版するまでに様々な工程が必要となり

人件費もかかるので、

300万円以上かかると言われていました。

 

しかし、電子書籍の場合は、

販売する個人とアマゾンが直接やりとりするので

コストはほとんどかかりません。

 

それに紙を使用せず、

データで出すので、コストが抑えられます。

 

自分で本の内容を考え書いて、

表紙も作れば、0円で出版することが可能です。

 

表紙はココナラなどで外注する方法もあります。



 

 

本を書く手間も紙の本より手軽

紙の本を書く場合は、

基本的に10万文字くらい必要です。

 

この分量はだいたい

ワード100枚以上になります。

 

しかし、電子書籍の場合は、

基本的に1万2千~2万文字くらいです。

 

 

この文字数の違いは、

紙と電子書籍で目的が違うためです。

 

紙の本は、作者の本を読みたい、

網羅的に内容を知りたいという方向けです。

 

電子書籍は、プレゼンや女性にもてる

ノウハウなどの通勤時間内に軽く読めるような

内容を知りたいという方向けです。

 

つまり、紙と電車通勤では

求められるニーズが異なります。

 

 

電子書籍を読む層は、

だいたい20~40代のサラリーマン

が多いそうです。

 

 

電子書籍を出す手順

大まかな流れとして

ワード、テキストなどで文字を入力

→電子書籍に変換

→アップロード

アマゾンキンドルに

登録する必要があります。

 

登録するためには、

マイナンバーの番号が必要となります。

詳しくはこちらの動画が参考となります。

 

 

収益は権利収入、不労所得になる

電子書籍を購入してもらえれば最大で、

売り上げの70%が報酬になります。

 

さらに、キンドルアンリミテッドの

読み放題で読まれた場合も1ページ

あたり0.5円の報酬が入ります。

 

 

なので、出版後に購読されれば、

収益がすぐに入る仕組みになっています。

 

ブログに比べて、即金性は高いと思います。

 

 

さらに、アマゾンランキングが上がれば、

読まれやすくなり、売り上げが上がる

可能性が上がります。

 

 

電子書籍の内容

電子書籍のネタ、

書く内容について、

おすすめしてもらった方法が2点あります。

 

①ビジネスの関するhow to本

電子書籍の読者層は、

サラリーマンが多いので、

ビジネスに関するhow to本を

書かれるのがおすすめです。

 

例として、

副業で稼ぐ方法10選が挙げられます。

 

1選1000文字で書けば1万文字になり、

この内容で電子書籍が出来上がるボリュームになります。

 

 

②what why how の構成で書く

構成の仕方として、「what=何」を、

「why=なぜ」、「how=どうやって」に

分けて、書くのがおすすめです。

 

 

例えば副業の場合で構成を考えると

 

what

副業とは何か?

 

Why

副業すべき理由とは?

 

How

 

まとめ

といった構成になります。

 

それぞれを3項目に分けて、

一項目1000文字くらいで書けば

9000文字程度になります。

 

最後にまとめの項目を加えれば、

1万文字になります。

 

これで電子書籍1冊分の

ボリュームが書き上がります。

 

なお、電子書籍を出版した後でも、

表紙や内容を変更できます。

 

この点も、修正が効かない

紙の本とは異なりますね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

【驚愕!?】タイムチケットを12枚購入して発覚したビジネス大暴露!!

 

-副業