オープンハンド ドラマー バンド 東京事変 音楽

東京事変「青のID」の神ドラムを徹底追求!3つの魅力とは!?

 

東京事変の新曲「青のID」

11月にリリースされることが発表されました。

映画「さくら」の主題歌です。

映画の予告動画がユーチューブで

配信されています。

それをみながら、青のIDのドラムを

徹底分析しようと思います。

 

赤の同盟の凄すぎるドラムから発覚した4つの魅力とは?徹底解剖!!

映画『さくら』予告(60秒)2020年11月13日(金)

 

 

新曲「青のID」の神ドラムの徹底分析

映画の予告で少しだけ新曲が流れています。

はじめは、ピアノと椎名林檎の声から始まるようです。

後半部では、激しい感じです。

 

どちらかというとロックな感じです。

ギターの歪んだ音が荒々しさが出ています。

 

さらに聴いてみると

ドラムは最後のリズムがシャッフル混じりで

ライドを演奏しています。

 

キーボードは少しじゃジーな感じもします。

どんな楽曲になるのでしょうか?

 

青のIDがユーチューブで公開されました!

青のIDがアップされていました。

さり気なさ過ぎて、気づきませんでした!

 

 

改めて聴いて

ドラムの魅力を書いてみたいと思います。

 

ドラムの魅力①全体的に疾走感のあるドラムを堪能できる

イントロや間奏をのぞいて

ドラムが入ると

アップテンポで疾走感

のあるドラムが聴けます。

元気になれるような気がします。

 

ライドとスネアの音

前々と突き進むドラムの主軸となっています。

 

ドラムの魅力②ドーパミントを彷彿とさせる疾走感

すぐにこの曲を聴いて感じたのは

ドーパミントと感じが似ているなと

思いました。

 

ドーパミントもサビで疾走感が

爆発するんですが

 

それに加えてどちらの曲も

シャッフルビート

跳ねた感じのリズムです。

 

疾走感とシャッフルビートの 

ところがとても似ている

という印象ですね。

 

ドラムの魅力③間奏ではジャジーなドラムが聴ける!

間奏ではピアノソロが入ります。

ここでドラムは一気に

ジャジーな4ビートにかわります。

しかし、疾走感は変わらずに

ある感じで

ライドとを聞かせながら

お洒落な雰囲気を

醸し出しています。

 

くわしくはこちら↓


 

音楽、レアな面白いユーチューブの情報を配信しています。

気になる方はツイッター情報もご覧ください。

くわしくはこちらからフォローをお願いします。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

その他の東京事変の記事はこちら

東京事変の9/5ライブ配信予告から神ドラムの見どころ厳選5曲を紹介!

 

永遠の不在証明の凄すぎるドラムを分析してわかった7つのスゴ技とは!?

 

赤の同盟の凄すぎるドラムから発覚した4つの魅力とは?徹底解剖!!

 

ドラムが超カッコ良過ぎる曲10選!これを聴かなきゃ絶対損!?

 

 

-オープンハンド, ドラマー, バンド, 東京事変, 音楽