オープンハンド ドラマー 東京事変 音楽

赤の同盟の凄すぎるドラムから発覚した4つの魅力とは?徹底解剖!!

 

東京事変のシングル「赤の同盟」

がリリースされました!

Mステでも初披露されましたね。

ドラマの主題歌でもありますね。

この「赤の同盟」のドラムを

徹底的に分析してみました。

 

永遠の不在証明の凄すぎるドラムを分析してわかった7つのスゴ技とは!?

 

赤の同盟のPV

 

赤の同盟が収録された3曲入りの

シングルはこちら↓

 

赤の同盟のみの購入はこちら↓

 

 

 

ドラムの素晴らしすぎる3つの魅力!

①畑さんらしい切れ味鋭い音

16のハイハットの鳴りや

キメ、フィルイン、リズムなど

全体通して、畑さんの疾走感と

切れ味鋭い音が堪能できます。

 

 

②オシャレなキメ

1番のBメロ?50秒あたりで

ハイハットの「シャッ!」とライドの「キーン」

シャープでオシャレにキメをしています。

伊澤さんが作曲されたこともあって

ジャジーな感じします。

ジャジーな感じにライドの音は合いますね。

 

 

③4つのリズムが聴ける

色んなリズムが聴けるのもこの曲の

魅力です。

 

16ビート

16ビートが主流に感じます。

ゴーストノートもさり気なく入れています。

時折ライドに変えて演奏しているのも

さり気なくオシャレ。

 

バスの4つ打ちリズム

サビ前に、四つ打ちのリズムに

ハイハットをチキチキ鳴らしています。

 

裏打ちビート

1サビ終わりに、裏打ちで軽快に

演奏されています。疾走感もありますね。

 

頭スネアのビート

歌いだしのAメロ?でスネアの頭打ちで

演奏されています。

ハイハットオープンで派手に

ダイナミックに演奏されていますね。

 

④派手な魅せるフィルイン

サビ終わりにフィルインが特に印象的です。

特に最後のサビ終わりのフィルが派手です。

クラッシュとスネアで、一拍半フレーズ。

三連フィル。

16のスネアやタム移動のフィル。

ハイハットのキメ

6連の手足コンビの一拍半フレーズで終わる。

最後は駆け上がって終わるようなイメージですね。

 

曲について

ドラマの内容を盛り込みつつ

コロナの今の情勢を歌っている

ように感じますね。

手を取り合うようにアーメンの歌詞は

特に等感じましたね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

東京事変の9/5ライブ配信予告から神ドラムの見どころ厳選5曲を紹介!

 

刃田綴色の神ドラムを7つのポイントから徹底分析!(東京事変のドラマー)

-オープンハンド, ドラマー, 東京事変, 音楽