ドラマー 音楽

青山純てどんな神ドラマー?息子の英樹、友樹も凄すぎるドラマー?

 

青山純さんという伝説のドラマーを

あなたは知っていますか?

 

残念なことに

3年前に亡くなられたのですが

今でも青山純さんを絶賛する方々は

たくさんおられます。

 

日本を代表するドラマー

言われています。

 

青山純さんの経歴や映像、魅力

について詳しくみていきましょう。

 

日本を代表するセッションドラマー村上ポンタ秀一さんの記事はこちら(^^♪

伝説の今は亡き元TOTOのドラマー!ジェフポーカロの凄すぎる4つの魅力!!

あなたにおすすめの凄すぎるプロドラマー28選まとめ

青山純さんの経歴

青山純(アオヤマジュン)
1957年 3月10日生まれ - 2013年12月3日

東京都出身のドラマー

高校時代にヤマハのドラムスクールに通う。

 

1975年 高校卒業後、杉真理のバンドの

レコーディングに参加し、プロとして活動を開始

1977年 佐藤博のバックバンドとして活動開始。

 

松任谷由実のバックバンドを務める。

 

1979年 THE SQUAREに参加

1979年-1983年 プリズムに参加

2003年 まで、山下達郎のレコーディング・ライブ活動に参加

1984年 仙波清彦率いる「はにわオールスターズ」に参加

1987年 キリング・タイムに加入

1990年 セッションバンドSons & Daughters結成

2000年-2013年までMISIAのライブに参加

2006年 MAMBABOOに加入

2011年 ドラム教則DVD『青山純 一つ打ちの真髄』発売

2013年 12月3日、肺血栓塞栓症で死去。56歳没

2014年「青山純追悼スペシャル」と題して

2時間にわたり特集される

 

青山純さんがサポートした主なアーティスト

 

 

 

 

 

山下達郎、MISIA、プリンセスプリンセス、松任谷由実

佐藤博、杉真里、ハイファイセット

 

THE SQUARE、プリズム、はにわオールスターズ

亜波根綾乃、安部恭弘、伊豆田洋之

 

KAN、吉川晃司

菊池桃子、北島健二、KIX-S、Kiroro、キース・エマーソン

工藤静香、栗林誠一郎、郷ひろみ、國府田マリ子、小林明子

小比類巻かほる、ゴンチチ

ZARD、酒井法子

 

バンド好きのあなたにおすすめ!厳選9組のバンド!一覧はこちら

 

青山純さんのオススメ音源

スネアの音の存在感がすごいインスト曲! Star of Muse Live ver

 

 

原曲 Star of Muse GUITAR FREAKS 5th MIX&drummania 4th MIX

 

爽やかなギターのカッティングから始まり

青山純さんのドラムが響き渡るヒュージョン的な

インストのライブ映像です。

 

有名な曲ではないですが、曲も良いです。

どうやら当時のMISIAのバック演奏陣で

構成されたバンドですね。

 

ギターソロがカッコよく、

青山さんのドラムが光っています。

スネアの説得ある音が鳴り響いております。

 

 

歌のバックでもどっしりとした存在感! MISIA - K.I.T - THE SINGER SHOW THE TOUR OF MISIA 2005

イントロでMISIAの高音の歌声

が炸裂する一曲。

 

曲的にも軽やかですこしファンキーで

繰り返し聞いてしまうくらいとても好きです。

 

サビ前のスネアとシンバルの「ターン!」の音が

サビの合図のように

鳴り響いていてカッコイイです。

 

最後の「トコトコトコトコ」鳴り響く

タム移動の1拍半フレーズもカッコいい!

 

一度自分でもコピーしようとしましたが

鳴り響きが全然違うと感じました。

 

自分でコピーして気付きましたが

バスの音もどっしりしているんですよね。

 

1988年のシングルCDに収録されており

原曲とは感じが少し違います。

 

 

MISIA つつみ込むように・・・THE TOUR OF MISIA 2003 KISS IN THE SKY

MISIAのメジャーシングル

代表曲ですよね!

 

リズム的には跳ねた

シャッフル16ビートですね。

 

キメのスネアとハイハット16分シャッフルの

「タチ!ッチ!」というが曲に散りばめられており

カッコ良く、カップを鳴らした6連的なフィルが

涼しげでさり気なく主張していて

オシャレで良いですね。

 

山下達郎 - Sparkle

この曲を初めて聞いたのは、ラジオでした。

sparkleを聴いてポンタさんかな?と思ったのですが

後で調べると青山純さんでした。笑

 

青山純さんと同じく三大ドラマーの一人、

村上ポンタ秀一さんの記事も書きました。

 

興味のある方はこちらをクリック(^^♪

この曲は、曲的にも好きで、

ビーチや海をイメージさせる夏な感じの曲で

とても爽やかですね。

 

 

1982年アルバム「For You」に収録

 

 

青山純さんのドラム教則DVD

 

バンドでのアンサンブルから

リズムの解説までが

ダイジェストで観れます。

貴重な音源ですね。

 

どっしりとした落ち着きのあるドラム、スネアの音が

タイトではっきりとずっしりとした

どこか安心のできる音が聴けます。

 

 

 

青山純さんのリハ映像

やはりこちらもドッシリした音で、

シンプルなリズム、

フィルを演奏されています。

 

魅力のある迫力のある音

が炸裂しています。

 

カメラに向かって

おちゃめな純さんが観れます。

 

サービス精神旺盛の

青山純さんの人柄が出てますね。

 

 

 

青山純さんの息子たち

青山純さんの息子さんは

二人おられます。

 

しかもお二人ともプロドラマー

として活動されています!

 

凄いですね。

青山純さんの意思を

受け継がれている感じですね。

 

二人の息子さんについて詳しくみていきましょう。

 

青山英樹

青山英樹(あおやま ひでき)

1986年8月29日生まれ 神奈川県出身

ベイビーメタルのドラマーとして有名。

 

英樹さんは二人兄弟のお兄ちゃんですね。

関ジャニが出演のテレビ番組で、

取り上げられていたようですね。

 

亡き父のドラムセットで

平原綾香さんのジュピターを演奏されたようです。

ツイッターされていますね。

青山英樹さんのツイッターはこちら(^^♪

 

 

青山英樹さんの経歴

日本芸術高等学園卒業。

EVER+LASTのドラムスのほか、

日本芸術専門学校の講師も務める。

2005年 Straight Flushを結成
2006年 Straight Flushから改名する形でARMERIAを結成
2008年 DROWNINGへ加入
2008年 EVER+LASTの活動を開始
2008年 JAM Projectのサポートドラマーとして活動開始
2012年 KAT-TUNのライブツアー『LIVE TOUR 2012 Chain』に

バンドーズ(バックバンド)のメンバーとして参加

2012年 日本芸術専門学校でドラムの講師に就任
2013年 BABYMETALの神バンド(バックバンド)の

メンバーとして活動開始

 

青山英樹さんの動画

基本的に青山純さんのドラミングとは異なり

手数多めでツーバスが

基本のテクニカルなドラマーですね。

 

青山友樹

青山友樹 1988年生まれ、東京都出身

 

青山友樹さんの経歴

中学のときに、兄・青山英樹の影響で

本格的にドラムを始める。

 

2013年3月、ロックバンドnano.RIPEに加入し

プロとしてのキャリアをスタートさせる。

 

日本全県ツアーや海外でのライブ等、数々の経験を積む。

2016年12月、nano.RIPEを脱退。

現在はドラマーとしてソロで活動。

 

nano.RIPEは独特な歌声を持つ

女性ボーカルVocal & Guitar きみコさん

 

が印象的ですね。J-POPロックバンド的な感じだと思います。

nano.RIPEのホームページはこちら(^^♪

同じく息子もプロドラマーのJ-POP界No.1の河村カースケさんの記事はこちら(^^♪

 

青山友樹さんの動画

nano.RIPEのドラマーとして

活躍されていたようですね。

(2016年12月脱退)

 

過去に兄弟でクリニック、

談義をされてたりしているみたいですね。

 

SNSでの口コミ

 

 

 

 

 

 

 

 

青山純さんの息子さん、

英樹さんと二世ドラム談義最高だった♪

7/25発売のドラムマガジンにて

カラー4ページになります。

 

二世ならではの話など、

このご時世でのドラムに対しての考え方、

アプローチなど沢山話せた(^^)マジで楽しかった♪

 

友樹さんは、2018年8月21日に

急性心不全の為、

亡くなられたようです。

 

お別れの会を10月にされる予定のようです。

 

英樹さんが9月3日にツイートされています。

くわしくはこちら。

友樹さんのツイッターはこちら

5月まではツイートされています。

 

天国で純さんとお会いできると良いですね。

亡くなられたのは残念でなりませんが、

これからも青山純、友樹さんの音源を聴いて、

学んでいきたいと思います。

 

まとめ

青山純(アオヤマジュン)

高校時代にヤマハのドラムスクールに通う。
1957年 3月10日生まれ - 2013年 12月3日

東京都出身のドラマー。
歌のバックとして活躍。

松任谷由実のバックバンド、

山下達郎のレコーディング・ライブ活動に参加。

スネア、バスドラム、ハイハットなどの

一つ一つの音の鳴りがしっかりとしているのが特徴。

 

シンプルなフレーズが多い。

ドラムセットはソナーを使用。

2人の息子の青山英樹、青山友樹はどちらもプロドラマーとして活躍。

2013年12月に肺血栓塞栓症で亡くなる。(56歳)

 

青山英樹(あおやま ひでき)

1986年8月29日生まれ 神奈川県出身

ベイビーメタルのドラマー。二人兄弟の兄。

 

青山友樹(あおやま ともき)

1988年生まれ、東京都出身
中学のときに、兄の影響でドラムを始める。
2013年3月、ロックバンドnano.RIPEに加入。
2016年12月、nano.RIPEを脱退。

その後はドラマーとしてソロで活動。

2018年8月21日に急性心不全の為、亡くなる。(29歳)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

ドラマー好きのあなたにおすすめの記事はこちら

あなたにおすすめの凄すぎるプロドラマー28選まとめ

 

 

-ドラマー, 音楽