vivid undress ドラマー バンド 音楽

vividundressのアルバム「愛のゲイン」の全6曲感想、考察まとめ

vividundressの最新アルバ有「愛のゲイン」を

聴いた感想、考察をまとめてみました。

 

前作の変身コンプレックスとも曲調が異なり

愛をテーマに作られた作品です。

ジャケットがやはりビビアンはオシャレです!!

 

詳しくみていきます。

 

vivid undressメジャーセカンドアルバム「変身コンプレックス」全5曲レビュー!!

 

 

①オリジナルカラー

浮遊感のある曲です。

曲を通してポジティブな感じがします。

 

2番目のサビ終わりでがあってからの

ギターソロという展開が今までにない感じがして新鮮。

この間、空間があるのが個人的に好き。

その後のギターソロも鮮やかでエネルギッシュでカッコイイです。

 

ドラムは最初は音数少なくして

後半からだんだんと華やかに盛り上がるのも良い感じです。

 

歌詞がポジティブです。

いままでのビビアン以上により

前向きな曲になっているように感じます。

自分の個性(カラー)を出していこうという

メッセージ性を感じる一曲です。

 

②夢見る2人 -愛のゲイン-

キーボードのリオ様が作られた曲。

サンバ的なリズムがあって、明るい感じの曲です。

 

kiilaさんのスタエフでこの曲を解説されていて

夢を追い続ける彼と

彼をサポートしたい彼女の二人の

物語の様です。

 

サビで英語の歌詞が出てくるのが新鮮です。

この切り口の歌てビビアンではあんまりないような気がします。

 

間奏のサンバ的なキーボードや

三連のキメが癖になります。

 

切なさと明るさが入り混じる曲です。

 

 

③そばにいて -愛のゲイン-

一言で言えば、ラブソングに尽きる一曲。

こんなラブソングもこれまでのビビアンでは珍しく感じます。

 

愛する彼に寄り添うイメージが出てくるような歌詞です。

徐々に盛り上がっていきます。

 

愛とはあなただという歌詞が印象的です。

 

どっぷり恋愛に浸っている時に

聴くと感情移入して良いかもしれません。

 

 

④R15 -愛のゲイン-

ストレートな歌詞で男女の恋模様、葛藤を表した曲。

 

イントロのキーボードの音

大人な恋模様、葛藤、闇、色っぽさを出しているように感じます。

サビのキーボードの音色もさりげなく綺麗です。

 

 

間奏の演奏も華やかです。

ドラマチックで力強いギターソロにキメが入り混じり

ドラムやキーボード、ベースのアンサンブルが入って

バンドアンサンブルを楽しめます。

 

最後にメンバーの合唱が入っているのも新鮮です。

 

最後のアウトロでは

ギターが暴れ出し

その後にドラムがソロ的に暴れていて、カッコ良いです。

バスドラが効いていて、クラッシュシンバル、スネアも

炸裂でダイナミックです。

 

 

⑤Yeah!Yeah!Yeah!

シャッフルビートで軽快なルズムに

可愛らしいキーボードの音色

歌詞に女の子らしさを感じる曲。

女性目線の恋愛観が見えてきます。

 

Yeah!Yeah!YEeah!に合わせる

クラッシュシンバルのキメが印象的です。

 

途中でジャジーに4ビートが入るのも特徴。

ビビアンで初めてジャジーな曲調が

でたなと思いました。

そういう意味では新鮮ですね。

 

サビでは、踊れるようなノリがあって

サビで盛り上がれそうですね。

 

 

 

⑥後悔

時計の秒針や

フラッシュバックのような効果音から始まる楽曲。

 

後悔がテーマの楽曲。

意外にメロディはそこまで暗くないです。

 

イントロからリズムが変則的で、面白い曲。

サビでは疾走感があふれる曲になっています。

 

ドラムのリズムが色々聴けて

リズムが色々と変わります。

 

間奏前のドラムの裏打ちのリズムや

スネア主体のアクセント移動が

疾走感炸裂でカッコイイです。

 

kiila&yuyaのユニットでも

この曲を演奏されているのですが

曲調が全く異なっています。

 

ユニットの方がかなり暗い感じです。

 

てな感じで

まとめてみました。

今回のアルバムもいろんな曲が楽しめる感じでした。

今までのビビアントは違う感じに仕上がっているなと

感じます。

 

伝えたいメッセージも変わってきているとも

感じますね。

 

サイン付きのメガジャケ入りの

アルバムについて

くわしくはこちら↓

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

さよならジレンマを収録したvivid undressアルバム「ENDLESS」の紹介

 

vividundress会場限定「Re:0 」を聴いた感想とイチ押し曲とは!?

 

人間なんだもんが収録されたvivid undress1stアルバム「unveil」の紹介

 

 

-vivid undress, ドラマー, バンド, 音楽