英語 資格

トイックPart6の意外と知らない3つの徹底攻略法とは!?

 

今回はトイックの記事です。

トイックの試験が近づいてきました。

パート6の問題を解いていると

意外と時間がかかっていることに

気づきました。

そこで、Part6の攻略を調べてみました。

有料級の情報が得られました!

良ければ、ご参考下さい。

 

Part6攻略法①

設問を先読みして

文法問題か文脈問題かを

見極める。

 

Part6はPart5のような文法問題と

Part7のような文章を読まない

とわからない文脈問題が

混ざっています。

 

なので文章を読む前に

設問を見て

文法問題か文脈問題かを

ある程度、見極めることが大切です。

 

例えば空欄後の前置詞などの

つながりから解ける

語彙問題や品詞問題、前置詞問題。

文法問題なら、空欄あたりを読めば

解けます。

 

設問に文章があれば

文脈から判断する文挿入問題

などとわかります。

 

こちらは文法問題に比べて

文章を読む必要があるので

時間がかかります。

 

Part6攻略法②消去法を使う

文挿入問題では特に

消去法が使えます。

設問を読んで

明らかに違うと思う

選択は外して

答えを探すのも

正答率を高める一つの方法です。

 

Part6攻略法③文脈問題で時間がかかりそうなら

飛ばして、文法問題を確実に解く。

高得点を狙わない方にはこのやり方は

アリだと思います。

 

文脈問題に時間がかかりすぎると

思う時は、飛ばして

確実に分かる文法問題を

メインに解くのがおすすめです。

 

Part6の時間配分は

1問30秒になります。

 

なので30秒以上かかってしまう

感じがしたらとばして

確実に解ける

part7の問題を解く方が

点数は上がりやすいと

思います。

 

Part6の3つの攻略法まとめ

①設問を先読みして、文法問題か文脈問題かを

見極める。

②消去法を使う

③文脈問題で30秒以上時間がかかりそうなら

飛ばして、文法問題を確実に解く。

 

と攻略法を書いてみましたが

個人的にPart6を重点的に

対策してこなかったと

痛感しております。

 

今後はPart6を重点的に

解いてPart6の問題に

慣れていくのも大事かなと

思いました。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

-英語, 資格