ドラマー ドラム初心者 音楽

レギュラーグリップでプレスロールを演奏する方法、練習してわかったこと。

今回はドラムの話で

レギュラーグリップを練習して

分かったことなどを

まとめてみました。

 

プレスロールの話を

取り上げたいと思います。

 

レギュラーグリップで

プレスロールをしたことが

なくてどうやるのかと

 

試行錯誤して

なんとかある程度は

出来るようになってきました。

 

これから

レギュラーグリップを

練習してみたい方や

プレスロールに

興味がある方の

参考になれば幸いです。

 

ジャズをオンラインで学ぶなら

ユーチューバーでもあり

ジャズドラマーの黒田さんの

こちらの教材がおすすめです↓

 

 

はじめはバウンドをする感覚をつかむ!

レギュラーグリップでプレスロールを

するためには

 

通常のマッチドグリップなどと

同じように

ロールをする前に

スティックをバウンドさせる

感覚を掴むことが大切だなと

感じました。

 

なので

レギュラーグリップで

スティックを持って

 

手首をゆっくり返して

スティックを

打面に当てて

そのまま放置して

 

バスケットボールのように

バンバンバンバンーと

跳ね返るのを

何度かしてみて

 

スティックが跳ね返る

のを感覚で掴むのが

プレスロールをする前の

一歩だと思います。

 

親指と人差し指の間で操る感覚を掴む!

スティックを跳ね返すのが

慣れてきたら

跳ね返りをコントロールして

みることにトライして

みることをおすすめします。

 

コントロールするためには

レギュラーグリップで

 

スティックを挟んでいる

親指と人差し指の間で

調整する感覚を

掴むことが大切と思います。

 

正確には

手首のコントロールと

思いますが

 

感覚的には

指の挟み具合的な

ニュアンスです。

 

その時に

重要になってくるのが

脱力です。

 

手首や指に

力が入っていると

スティックを

細かくコントロールが

難しいですし

体に負担がかかってしまいます。

 

なので

できる限り

手首や指を脱力させて

リラックスした感じで

ロールをする

うまく出来ると思います。

 

もし

ロールをしようとして

力みを感じたら

どこに力みがあるかを

感じてみることを

おすすめします。

 

そして

力みの箇所がわかれば

そこを触って確かめることも

おすすめします。

 

そうすることで

力みの箇所に

気づき知ることで

リラックスした

演奏に改善がしやすい

思います。

 

最終的には

スティックを打面に

柔らかく触れるような

 

感覚で

ロールができるように

なってくると思います。

 

良ければ

ご参考下さい。

 

最後まで読んで頂き

ありがとうございます。

 

 

-ドラマー, ドラム初心者, 音楽