ドラマー バンド 東京事変 音楽

「闇なる白」東京事変のドラムの3つの魅力!徹底解剖!!

 

今回は東京事変の新曲

「闇なる白」のドラムを

徹底解剖しました。

 

刃田さんのドラムが

ぎっしりと詰まっている

楽曲だと思います。

 

くわしくみていきます。

 

刃田綴色の神ドラムを7つのポイントから徹底分析!(東京事変のドラマー)

 

「闇なる白」のドラムの魅力①リズムのバリエーションが豊富

全体を通して

曲調の展開が多いので

それに伴って

リズムが変化していきます。

 

1拍と3拍を意識した

2拍子ノリの

リズムが序盤に演奏され

キーボードソロからは

裏打ちの疾走感あるビート

が演奏されます。

 

キーボードソロ終わりからは

またゆったりとしたビート

戻り

最後にまた裏打ちビート

に戻る感じですね。

 

キーボードソロ前には

1拍と3拍を

意識したリズムですが

レゲーやボサノヴァのような

2泊ノリ

感じさせるリズムですね。

 

リムを多用するような

リズムもあって

リズムのバリエーションが豊富ですね。

 

 

「闇なる白」のドラムの魅力②緩急あるハイハット

序盤やBメロの8分で刻む

刃田さんらしい

タイトなハイハットの音

 

キーボードソロでの

裏打ち4つ打ちビートでの

キレのあるハイハットオープン

 

サビでのゆったりした

ハイハットのオープンの音

 

緩急のある刃田さんの

ハイハットの音を楽しめます。

 

 

「闇なる白」のドラムの魅力③リムとカップのキレのあるリズム

イントロからキーボードソロ前まで

リムの音がたくさん聴けるのも

この曲の特徴。

 

Bメロでは

ドラムの16フィルの合図で

ノリが変わり

リムの歯切れある音に

時折流れる

ライドのカップの音が

アクセントになる

独特のリズムが聴けます。

 

これもおそらく

カリブ的な

ラテンのリズムから

きていると

思われます。

 

「闇なる白」のドラムの魅力のまとめ

・リズムのバリエーションが豊富

・緩急あるハイハット

・リムとカップのキレのあるラテン系リズム

 

くわしくはこちら↓

 

 

この曲はライブで盛り上がりそうですし

どうアレンジされるのか

見ものですね!

 

音声でも配信しました。

良ければお聴き下さい。

 

音声配信

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

その他の東京事変の記事はこちら↓

東京事変の新曲「緑酒」のドラムの4つの魅力!!

椎名林檎や東京事変のファンクラブ林檎班の7つの魅力

東京事変「うるうるうる」から感じるドラムの4つの魅力!!

 

-ドラマー, バンド, 東京事変, 音楽