vivid undress バンド 音楽

vivid undressライブレポ2018/5/30 in大阪北堀江club vijon

こんにちは。サイト訪問ありがとうございます。

vivid undress ライブに行って来ました!

去年もビジョン、ミナミホイールで観ました。
今年は初ですね。

 

四ツ橋駅から徒歩で行ったのですが、

途中で迷い、なんとか到着すると、

ベースの俊平さんが電話中でした。少しビックリしました。

近くにローソンがあるので便利ですね。

最寄駅は西大橋駅の方がアクセスしやすいです。

今回は5バンド出演と多かったです。

 

私はmetropolicaというバンドから観ました。

ポップロックな感じでリズム隊特がしっかりとしていて特に

ベースがうねる感じでシンプルだけれども光っていて、

良くて、ギターの音色が様々で

色々なサウンドを楽しめました。

関西弁のボーカルが可愛い。

 

そして、待ってましたvivid undress。

いつものセッティングな感じで今回は

ドラムがサポートメンバーです。

ドラムはパールでシンバル類が持ち込み

観客から見て右側のギター左側にキーボードとベース、

真ん中がリッケンバッカーのギターボーカル、

kiilaさんは白色の衣装でした。

全体的に皆さん白系統の衣装でした。

ほぼリハらしいリハなく、いつものSEが流れてスタート

前から3.4列目にこぎつけて、しかも真ん中で見れました。リストリングを付けて参戦。

 

vivid undressについてはこちらの記事で詳細があります(^.^)

 

セットリスト

セットリスト
1.my real
2.bring me a right
3.サヨナラジレンマ
4.シンデレラ
5.シーラガンスダンス
6.パラレルワ
7.シンデレラ
8.メンヘラなんかじゃないもん
紹介、MC(リオ様進行)
9.rainbow
アンコール、キラさん、リオ様MC
10.yours

 

ライブレポ詳細

今回はライブ限定でRe:0販売ということもあり、

Re:0の曲が多かったです


前のライブと同じくmy realからスタート。

この曲で盛り上がりますね。

 

サヨナラジレンマは、やっぱり冒頭で鳥肌が来ます。

キラさんの夢を追いかける人たちが

誰かに邪魔されても後押しするような言葉からスタート。

 

シーラカンスダンスでサビ最後の

シーラカンスダンスをみんなで大合唱。

このファンキーなギターとドラム16が

気持ちくてサビでツービートは盛り上がりますね。

サポートドラムの浅野智基

(secondrate,ex.URCHIN FARM)さんになって

シーラカンスの冒頭のドラムのリズムやbring meの

中盤のドラムのシンバルの入れ方がカッコよくて、

タイトなリズムで特にヒップホップ系とか好きな感じのドラム

かなと感じました。正確なドラムという感じ。

後、シンバルの音が綺麗。バシッと合わせて来た

感じは凄いなと感じました。

ベースはやはり安心の安定の安定。

 

パラレルワでも盛り上がり、

ギターのハプニングもありましたが、

楽しく乗れました。

MCで本来はバンド数は少なく行くつもりで、

キャンセルも考えて多めにバンドを誘ったら

みんなokでお祭りになったと言っておられました。

それとアルバムを持ってくるのを忘れてしまったらしく、

17枚しか残ってないとのことでしたー。

多分もうなくなってるでしょう。

シンデレラは入りが6/8でサビのリズムが1回目と2回目で

ことなり面白い曲。カッコよさもあり。

ラテン的なリズムも乗れる踊れる。

 

後半のrainbowは全編通して聴くのは初めて。

「どんなに遠い場所にいても同じ空を見ているよ」から始まる曲。

ボーカルのラップ的なのとサビの入るまでが

展開がほかの曲と違って面白く、

サビで「空にキラキラ舞い上がって、落ちていくんだrainbow」ていう

虹が出てくるのが印象的ですごく良い歌詞だなぁと

生で聴いて思いました。ギターとキーボードのユニゾンが新鮮で良い!

中盤で「昨日はもうないよ。だから今があるよ。永遠なんてないよ」

「信じてみたいよ」の歌詞も印象的。

 

なんだろう、

このボーカルの声の熱さを感じたなぁやっぱり、心だなぁーと。

プロはハートを感じる。音に。

 

切なくて良い感じの曲。聴き込むと少し泣けてきそうになる。

このあたりから、CDを本気で欲しくなって買おうと決意。

前から聴くとドラムの音が大きくて、ギターの音は小さ目で、

キーボードの音はいつもよりしっかりと聴けた感じでした。

 

アンコールでは、kiilaさんのMCもあってyours。去年はウララでした。

 

yoursの「大切なものを両手に持ったら、傷ついた手はもうない」がやっぱり良い!

6/8のリズム変則での

「必要なものは、案外そんなにないから、一人で背負わなくてもいいよ〜」

あたりも良いなーやっぱりーvivid undress いいな!また行きたいと思えるライブでした。

最後にはまさかのシャボン玉が降ってきて綺麗な光景もみれて良かったです。

また来るとも約束してくれました。

 

 

限定CD「Re:0」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最後にCDゲット出来ました!
念願の限定CD!
メンバーの俊平さんとリオ様から頂きました。

緊張しましたが、メンバーの方から頂くのは嬉しいですね。

rainbow早速聴いて、アイホンにも入れてリピート決定ですね!

最後に頑張って下さいと伝えて帰りました。

 

ライブでkiilaさんを中心にメンバーを見ていると以前より

オーラを感じるような気がしました。

光というか貫禄というか可能性なのか、

メンバーが抜けたことでさらに結束が強くなったのか、

こらからさらに伸びていくような気がしました。これからも猛プッシュです。

欲を言うとdance dance danceも聴きたかったなー。

久しぶりに生きて生きて生きてとかWikipediaも聴きたかったなー。

という満足なライブでした。早速CD聴きまくり~。

歌詞カードがないので、また書きたいですねここに。

以上、読んで下さりありがとうございました!

 

-vivid undress, バンド, 音楽