ドラマー 音楽

「ポートレイトインジャズ2」を読んで感じたことまとめ!

 

今回はジャズの本

ポートレイトインジャズ2を

読んで感じたことを

まとめました。

 

読みやすくて

親しみのある和田さんの

絵もとても魅力です!

 

村上春樹さんの

コメントも読みやすくて

味わい深い感じがあります。

 

目次

ソニー・ロリンズ

ホレス・シルヴァー

アニタ・オデイ

モダン・ジャズ・カルテット

テディ・ウィルソン

グレン・ミラー

ウェス・モンゴメリ

クリフォード・ブラウン

レイ・ブラウン

メル・トーメ

などなど

 

和田誠さんが描いたアーティストを

村上春樹さんがコメントされていて

最後におすすめのレコードを

紹介されています。

 

読んでいて気になった4人のアーティスト

シェリーマン

ウェストコーストジャズの時代の

一流ドラマー。

 

村上春樹さんも絶賛しており

やはり曲やまわりのプレイヤーを

引き立てるドラマーで

 

ソロも曲に見合ったソロを

提供するドラマー。

 

かっこいいドラマーですね。

ブラシワークもさりげなくて良いです!

 

 

ジャッキーアンドロイ

 

美人と才人のボーカルデュオ。

 

 

 

 

レイブラウン

 

正統派のジャズ界のベーシスト

 

 

 

 

ソニーロリンズ

テナーサックスの巨人。

ジョンコルトレーンと並ぶ

テナーサックスの代表アーティスト。

 

 

とても読みやすく

あっという間に読んでしまいました。

 

ジャズのアーティストについて

気軽に知りたい方には

おすすめの本です!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

-ドラマー, 音楽