vivid undress バンド 音楽

vivid undressのアルバム「赤裸々」から厳選3曲のレビュー

こんにちは。今回はvivid undressの最新アルバム

「赤裸々」を聴いた感想を書きます。

 

今回のアルバムはドラムのウツミエリさんが

抜けてからの初めてのアルバムです。

 

各曲ごとにドラマーが異なっていて、

ドラマー視点で聴くと聴きごたえが倍増します。

各曲ごとの感想を書きます。

 

1スクランブル

渋谷のスクランブルでの宣伝でも、流れた曲で、

先行でフルでYOUTUBEでも流れています。

全体的に爽やかで軽快な曲です。

聴きやすい感じとも言えますね。

PVのエキストラは、

事前に募集されてい集まった方がPVで写っています。

少し鳴きのあるギターのメロディーと

さり気なく流れる綺麗なキーボードの音が印象的です。

 

 

4アルティメット・サバイバル

良い意味で癖のある曲で、

ドラマー視点だと特に気になる曲かもしれません。

冒頭から呪文のようなお経のような歌声からはじまり、

ミステリアスな世界観で始まります。

そこから、楽器隊のキメが炸裂します。

ドラマーのフレーズが印象的で、

手数が全体的に多くて、キメのハイハットの音や

ギターやベースなどとの絡み合いが絶妙でかっこいいです。

キーボードの音もかなり効いていて、ノリノリな感じです。特にサビが。

 

5シンガーソングライター

この曲が個人的にすごいおススメです!

ボーカルkiilaさんの熱い歌声が印象的です。

特に特に「覚悟はできている」この言葉にはっとしました。

熱い心が伝わってくる感じがしましたね。

 

詳細&購入はこちら(^^♪

 

ダイジェスト動画はこちらから(^^♪

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

Vivid undressについて興味のあるあなたにおすすめの記事はこちら

vivid undress!!女性ボーカル4人変則バンドをあなたは知っていますか!?

 

-vivid undress, バンド, 音楽