音楽

「ゆうらん船」がフジロック2019初出場!ライブ前に徹底解剖!

フジロック19が近づいてきました。

今回はフジロックに初出場する「ゆうらん船」を紹介します。

結成して3年程の若手バンドですが、

聴いてみるとゆったりとしたサウンドでとても癒されます。

フジロックに行く前に是非チェックしておきましょう!

くわしく見ていきましょう!

フジロックフェスティバル2019出演時間

ROOKIE A GOGO 23:00~23:30

 

「ゆうらん船」のプロフィール

経歴

2016年結成。

2017年4月に1stEP「ゆうらん船」リリース。

2018年1月、ピアノの永井加入。渋谷7thFloorにて弦楽四重奏を迎え自主企画開催。

2018年4月100本限定カセットテープシングル「Hello,goodbye」リリース。

2018年8月キーボードの伊藤帰国。ツインキーボード編成へ。

100本限定カセットテープシングル「山」リリース。

 

ツイッター
https://twitter.com/thetourboat

サウンドクラウド
https://soundcloud.com/itaruuchimura

バンドホームページ
https://itruuchimura.jimdo.com/

 

メンバー

Vo/G 内村イタル

1994年10月31日神奈川生まれ。

中学在籍時に同級の伊藤里文、永井秀和とともに

バンド「葡萄園」を結成し約三年間活動。

 

葡萄園活動休止後の高校在籍時に「内村イタル」で

東京FM主催「閃光ライオット2012」に出場し、

審査員特別賞受賞。

 

高校卒業後の2014年に、猪爪東風(ayU tokiO)

、つなかわ和行(ex.The Keys)、上野恒星

(JAPPERS、Yogee New Waves)のサポートの

もと自身初のスタジオアルバム「

内村イタル&musasaviband」をリリース。

 

2016年には弾き語りEP「Veranda」、

シンガーソングライターのカネコアヤノと

スプリットCD「カネコアヤノ 内村イタル」をリリース。

 

また同じく2016年に、伊藤里文、本村拓磨(Gateballers)、

砂井慧(Wanna-Gonna)とともに、バンド「ゆうらん船」を

結成。バンド、弾き語り、ユニット、サポートギタリストなど

様々な形で活動中。

 

内村イタルのツイッター

Ba 本村拓磨

 

Key 伊藤里文

2017年にスウェーデンに留学されてます。

Piano 永井秀和

 

Dr 砂井慧

 

 

おススメ動画

MV:ゆうらん船『サブマリン』

ゆったりとした曲調で、大自然の中で

聴くにはピッタリですね!

フォーク調な感じがします。

海のMVも曲に合ってます。

甘酸っぱい恋模様を歌った曲です。

夏に似合う曲です。

ゆるみのある自然体なボーカル声を

聴いているととても癒されますね。

 

間奏で聴こえるツインキーボードも特徴的で、

聴かせてくれます。

 

ゆうらん船の詳細、購入はこちら

 

ライブ音源:ゆうらん船『夢見てる(LIVE)』

 

下北沢のゆうらん船自主企画のライブ映像です。

横ノリな感じで、ゆうらん船よりはロック調な曲です。

間奏のキーボードの音がキレイで思わず聴いてしまいます。

ライブのでの音源もMVと変わらず、違和感は全くありません。

かっこつける感じが一切なく、自然体なバンドですね。

 

夢見てるの詳細、購入はこちら

 

 

内村イタル 「来週のテーマ」Music Video(Uchimura Itaru "Theme of next week" Music Video)

内村イタルさんはソロの

弾き語りとしても活動されています。

アコースティックギターの音がよく合う声ですね。

素朴なやさしさのある声ですね。

フォークソング調の曲です。間奏に入る

ピアノの音がアクセントになっていいですね。

 

いかがでしたでしょうか。

ゆうらん船はまだまだこれからの活躍が期待できますね!

今後が楽しみです!

 

合わせて読みたい記事

「dodo」がフジロック19に初出場!ライブ前に徹底解剖!

「YAZEKA」がフジロック19に初出場!ライブ前に徹底解剖!

「ハイエイタス・カイヨーテ」がフジロック19に初出場!ライブ前に徹底解剖!

 

フェスに行けないなくて、アーティストのライブ映像や最新シングルを観るなら「スカパー!」がおすすめです。

今なら初回月が無料です♪しかもテレビ三台まで追加料金なしです!

【スカパー!】加入月は視聴料0円!加入料も不要!

合わせて読みたい記事:フジロック2019初出場「ハイエイタス・カイヨーテ」

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

-音楽